アメリカに行った

今年の目標0.5/10。0.5なのは旅行じゃなくて出張だから。

アメリカはテキサス州のオースティンへ、2ヶ月出張した。

仕事

がんばった。会社に置いてあるBarq’s Root Beerがうまく、毎日飲んでいた。

運転

基本的に車がないとどこにも行けない。バスは一応通っているが、本数が少ない、遅い、網羅的でない、アナウンスが不明瞭で次の停車駅が分かりづらい、等の理由から使うべきではない。車を運転しない場合はUberLyftに頼ることになる。タクシーは日本のクレジットカードが使えないことがあるので注意が必要。

自分の場合は、2年前の研修で車がないと生活不可能であることが分かっていたので、出張が決まってから1ヶ月半で日本の免許を取った。当然日本では教習以外に運転していないので、ぶっつけ本番でアメリカの公道を時速50マイル(80km/h)とかで走ることになる。とは言え、右側通行と常時右折可にさえ気をつけていれば、基本的に道幅が広くて余裕があるので日本よりも楽だと思った。

いわゆるハイウェイ沿いの道はハイウェイを挟んで上りと下りが分かれており、1回曲がり方を間違えると2km以上後戻りできなくなることも結構ある。Google Mapsにナビをしてもらえば、勝手にリカバリの仕方も考えてくれるので便利だった。あとダウンタウンは一方通行だらけの上道が狭いので、慣れるまでは運転するのが難しかった。

ガソリンスタンドは注意が必要で、基本的にはセルフサービス方式なのだが、アメリカで発行されたクレジットカード以外は機械が認識してくれない。正確にはZIP Codeを聞かれるので、そんなものが登録されていない日本のカードでは詰む。仕方がないので、併設されているコンビニに入り、先に$20なり$30なりを払ってポンプをアクティベートしてもらってから給油することになる。先払いで余った分は、レシートをレジに持っていけば払い戻してくれる。

買い物

買い物はあまり日本と変わらない。スーパーは、良いものが欲しければWhole Foods、安く食料品を買いたいならHEB、日用品ならTargetという雰囲気があるが、HEBにも日用品が置いてあるのでHEBに行っとけばほぼ困らない。レジにいる店員はほぼ確実に開口一番"How are you?“とか聞いてくるが、これはただの挨拶なので"Fine"とか"Great"とか答えておけば良い。人によっては更に会話を続けてこようとするので、そのときは応対するなり無視するなりしてがんばる。

飲食店だと支払いのときにチップを払う必要がある。相場は価格の20%と言われているが、レシートに印刷されている金額は通常8.25%の消費税を含んでおり、消費税分はチップに反映しなくてよいので、印刷されてる額の18.5%が厳密には正しい(という議論が1回あった)。何も考えずに1/5してからキリのいい感じに切り捨てればいいと思う。店によっては、チップ15%ならいくら、20%ならいくらという金額が印刷されたレシートを使っていることもある。また、レシートと一緒にクレジットカードを複数枚渡すと、勝手に割り勘してくれる。店によっては各人が何を注文したか覚えており、一緒にカードを渡しても個別の明細が返ってくることもある。

食事

アメリカ飯はまずいとよく言われるが、少なくともオースティンに限って言えばおいしい飯屋は多い。タコス、サンドイッチ、テキサスバーベキュー等は定番のうまさだし、飽きたら中華料理屋やラーメン屋もある。無数にあるブルワリー(ビールの醸造所)で飲めるクラフトビールもうまい。

タコス

Torchy’s Tacos

アメリカンなジャンクフード系の改造を施されたタコス。1つがでかい。個人的にはBaja Shrimp(小エビにフライドチキンの衣をつけて揚げたやつが入っている)がうまく、いつも頼んでいる。しかしたまに注文したのと違うものが出てくる。

Tyson’s Tacos

安くてうまいタコス。Crispy Duckという、鶏肉と皮をカリカリに揚げたやつに甜麺醤のタレがかかっているタコス(要するに北京ダック)が独特でうまい。

Tacodeli

上品においしいタコス。曜日ごとに特別メニューがあり、水曜と日曜のDeli Berryにファンが多い。午後3時で閉まってしまうので夜は行けない。

Taco Flats

落ち着いたスポーツバーのような雰囲気で、店内のテレビではいつもスポーツ番組が流れている。タコスは普通だが、青唐辛子にチーズを詰めてベーコンを巻いて焼いたStuffed Jalapenoがうまい。ビールも品揃えが豊富で良い。

バーベキュー

テキサスのバーベキューというのは、日本のように屋外で焼肉をやるものではなく、塊肉を数時間〜十数時間かけて炭火で調理したものを言う。原理としては最近流行っている低温調理肉と同じ。

Ludy’s BBQ

チェーンのバーベキュー店。味はそこそこだけど並ばなくて良いという圧倒的メリットがあるし、そこそこと言っても日本ではなかなか食えない。Rudy'sやRuby'sというそっくりさんもある。

La Barbecue

1時間くらい並ぶ。ビールを持参してきて、わいわい飲みながら待つのが定番なので、あまり苦にはならない。試してないけど無料ビールも置いてある。

Franklin Barbecue

定番だが、4時間くらい並ばないといけないことで有名。今回は行ってない。

バー・ブルワリー

たいていブルワリーにはバーが併設されていて、クラフトビールを飲むことができる。アメリカのバーはTabというシステムがあって、最初にクレジットカードを通すときにTabを開くかどうか聞かれる。開いた場合、自分の注文は以後レジに記録されていき、帰るときにTabを閉じると初めて決済される。Tabを開いた後の注文時はLast Nameを聞かれるので少し戸惑う(アメリカではほとんどLast Nameを使わない)。

Pinthouse Pizza

名前通りピザがうまい。10種類くらいあるが、色気を出さずに普通のマルガリータを頼むのが安全だと思う。PHPと書かれたシャツが買える。

Jester King

少し酸味の強いビールだが、クセの強いいくつかのビール以外は飲みやすい。ここもピザがうまい。市街地からは少し遠いので平日には行きづらい(そもそも開いてるのだろうか)。

Draughthouse

屋外席が多いためか人気がある。ここは食べ物を自分では提供していないが、よく隣にフードトラックが止まっていて食べ物を売っている。

ラーメン

意外とラーメンはアメリカでもウケるらしく、怪しいのも含めると結構見かける。

Ramen Tatsuya

オースティンと言えば、のラーメンその1。基本的には豚骨ラーメンかつけ麺のどちらかを選ぶ。豚骨ラーメンはちゃんと細麺を使っている、普通の豚骨ラーメン。つけ麺は独特で、つけ汁の粘度が少し高く酸味もあり、平たく言えばごまドレッシングのような味がする。好みは分かれるが、試してみて損のない味だとは思う。チームメンバーに勧められてDeep Fried Sprout(揚げ芽キャベツ)を入れたらすごくおいしかった。

Michi Ramen

オースティンと言えば、のラーメンその2。店名を関するMichiは豚骨醤油ラーメンで、Tatsuyaよりも完成度は高いと思う。JungleとかTexasといった名前のラーメンもあり、そっちは地雷。餃子は独特で、炒めた肉そぼろのようなものが皮に包まれている。店の外見はプレハブっぽい上に隣の店(ガレージショップっぽいが謎)に駐車する仕組みのため、初見で正しく進入するのが難しい。

Jinya Ramen Bar

ここ2,3年で新しくできた(っぽい)ラーメン屋。Domainというおしゃれなショッピングモールの中にある。日本の標準くらいのラーメンが食えるが、少し高め。店に入ると、店員が片言で「イラッシャイマセー」と言ってくる。

その他

くら寿司

つい最近できたらしい。アメリカにあるということ以外は本当に特筆することのないくら寿司で、びっくらポンもちゃんとある(ただしアメリカの賭博法かなんかの関係でガチャにはならず、15皿ごとにカプセルが出てくる仕組み)。しかし裏を返せば、内陸かつ生魚を食べる習慣のないオースティンで、まともな寿司が食べられる便利スポットとも言える。

Whole Foods

Whole Foodsはちょっといい感じのスーパーマーケットで、ビュッフェ形式のランチボックスが売られている。少し高めだがあまり飽きない味だし、米も食べられる(ただし細長いジャスミンライスと呼ばれるもの)のが良い。

遊び

Red’s Indoor Range

いわゆるShooting Range(実銃を撃てるところ)。ここは自分で銃を持ってこないといけないのだが、知り合いのツテで連れて行ってもらった。最初に撃った9mmですら思った以上に反動と爆発音があり、その後のハンドガン(名前忘れた)やアサルトライフル(AR-556)もおっかなびっくり撃っていた。ただ何回も撃ってると慣れる。最後に撃ったスナイパーライフルはかなり重い上反動も大きく、映画やゲームで軽々と取り回してるのは一体なんなんだと思った。

Barton Springs Pool

天然の湧き水を使ったプール。湧き水なので、年間を通じて温度が20℃程度に保たれている。言うまでもなく、プールとしてこの温度はかなり低く、30分も泳いでいると身体が冷え切って辛くなってくる。朝8:00までは入場料が無料になるが、真夏でない限り朝は寒い(むしろプールのほうが温かい)し、ダウンタウンに向かう183号線は朝にめちゃくちゃ混むので、別に朝を狙う必要はないと思う。入場料も高々$3だし……。

Google Photos(全天球表示)

Alamo Drafthouse

映画館。ただし座席にテーブルが備え付けられており、軽食とビールを注文して食事しながら映画が見られる。日によってはコメディアンが映画にツッコミを入れたり、VHS時代のテープを再生したりという面白イベントをやっている。