読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows10 on VirtualBox

Windowsでないと動かず、かつ使えないと困るプログラムがそれなりにあるので(ScanSnapのドライバとかiTunesとか)、立てて放置してた自宅サーバにWindows10を入れることにしました。まあWindowsにホストは渡したくないのでVirtualBox上です。

一応Headlessでサーバ管理したいみたいな目標があるので、GUIフロントエンドを使わずにVBoxManageでちくちく頑張って仮想マシンを立ち上げることにしました。よく分かんないので適当にぐぐったところ、良さそうなページを見つけたので、真似して以下のようなコマンド群でVMを作りました。

$ VBoxManage createvm --name Windows10 --ostype Winddows10_64 --register --basefolder `pwd`
$ VBoxManage createhd --filename Windows10/Windows10.vdi --size 20000
$ VBoxManage storagectl Windows10 --name "SATA Controller" --add sata --controller IntelAHCI
$ VBoxManage storageattach Windows10 --storagectl "SATA Controller" --port 0 --device 0 --type hdd --medium Windows10/Windows10.vdi
$ VBoxManage storagectl Windows10 --name "IDE Controller" --add ide
$ VBoxManage storageattach Windows10 --storagectl "IDE Controller" --port 0 --device 0 --type dvddrive --medium host:/dev/sr0
$ VBoxManage modifyvm Windows10 --ioapic on
$ VBoxManage modifyvm Windows10 --boot1 dvd --boot2 disk --boot3 none --boot4 none
$ VBoxManage modifyvm Windows10 --memory 2048 --vram 64
$ VBoxManage modifyvm Windows10 --nic1 bridged --bridgeadapter1 enp0s25

DVDドライブをIDEで繋いでてちょっとどうなのという気がしなくもないですが、変にアレンジしてハマるのも嫌だったのでそのままにしました。長いものには巻かれろ精神です。この状態でWindows10のインストールディスクを入れて

$ VBoxHeadless -s Windows10

するとVMが立ち上がるので、

$ rdesktop kadingel:3389

とかやってリモートデスクトップで繋ぎます。するとインストーラが出てくる……はずだったんですが、CPUが64bitに対応してないよ的なエラー(0xc000035a)が出てきて進めませんでした。ちゃんとCPUは64bitだし、VT-xも有効化してるのにどういうことなんだ……。

しばらく調べてると、どうやらWindows10は新しいチップセットしかサポートしていなさそうという情報が見つかったので、

$ VBoxManage modifyvm Windows10 --chipset ICH9

すると、今度はうまくインストーラが立ち上がってくれました。ハマるの嫌だから先に色々調べたのに、結局3時間くらいかかってしまった。